文学系心理士の自己投資ブログ

文学系心理士の感想部屋

文学系心理士が好きなことを徒然なるままに書きまくるブログ。小説、NETFLIX、たまに心理学のことも♪

ミステリー

【阿津川辰海】蒼海館の殺人

前作「紅蓮館の殺人」の続編。 名探偵・葛城と助手である田所くんが主人公。 蒼海館の殺人 (講談社タイガ) 作者:阿津川辰海 講談社 Amazon あらすじ 紅蓮館で起こった凄惨な事件。そこでの出来事のせいで名探偵だった葛城は学校に来なくなっていた。葛城の助…

【アガサ・クリスティー】牧師館の殺人

牧師館の殺人―ミス・マープル最初の事件 (偕成社文庫) 作者:アガサ クリスティ 偕成社 Amazon あらすじ 閑静な田舎村のセント・メアリ・ミードの牧師館の書斎で殺人事件が発生した。亡くなったのは村のみんなから嫌われている判事、ルシアス・ブロズロウ大佐…

【コナン・ドイル】回想のシャーロック・ホームズ③

やっと③です〜! モリアーティ教授が出てくるよ! 回想のシャーロック・ホームズ 【新訳版】 シャーロック・ホームズ・シリーズ (創元推理文庫) 作者:アーサー・コナン・ドイル 東京創元社 Amazon ↓①と②はこちら↓ oljikotoushi.hatenablog.com oljikotoushi.…

【コナン・ドイル】回想のシャーロック・ホームズ②

シャーロック・ホームズの回想の感想②です〜! 回想のシャーロック・ホームズ 【新訳版】 シャーロック・ホームズ・シリーズ (創元推理文庫) 作者:アーサー・コナン・ドイル 東京創元社 Amazon ↓①はこちら↓ <グロリア・スコット>号の悲劇 まだ大学生だった…

【新川帆立】元彼の遺言状

流行りに乗って読んでみました〜! 流行りの本ってそんなに読まないのですがドラマ化されるということで読んでみることに! 元彼の遺言状 作者:新川帆立 宝島社 Amazon あらすじ 剣持麗子はお金を稼ぐために弁護士としてバリバリ働いていた。結構前の元カレ…

【コナン・ドイル】回想のシャーロック・ホームズ①

シャーロック・ホームズの冒険に引き続き短編集第二弾。 今回は11作品の短編集が入っている。 かの有名なモリアーティ教授との事件も収録! 大体1作品50ページくらいなのだけどちょうどいい文量でサクサク読める。 読んでてシャーロックがワトスンに来てくれ…

【コナン・ドイル】シャーロック・ホームズの冒険②

シャーロック・ホームズの冒険①の続きです〜! 全体的にネタバレあり! シャーロック・ホームズの冒険 【新訳版】 シャーロック・ホームズ・シリーズ (創元推理文庫) 作者:アーサー・コナン・ドイル 東京創元社 Amazon 青い柘榴石(ざくろいし) 鵞鳥(がち…

【コナン・ドイル】シャーロック・ホームズの冒険①

12編の短編が入っている本作! 2回に分けて感想を書いていきます〜。全体的にネタバレあります! シャーロック・ホームズの冒険 【新訳版】 シャーロック・ホームズ・シリーズ (創元推理文庫) 作者:アーサー・コナン・ドイル 東京創元社 Amazon ボヘミアの醜…

【コナン・ドイル】四人の署名

↓前回の感想はこちら!↓ 今回読んだのはこちら! 四人の署名 【新訳版】 シャーロック・ホームズ・シリーズ (創元推理文庫) 作者:アーサー・コナン・ドイル 東京創元社 Amazon あらすじ ホームズの元にやってきたのは家庭教師のメアリー。父が失踪した後に、…

【コナン・ドイル】緋色の研究

緋色の研究を読みました〜! シャーロック・ホームズとワトスン博士が出会うよ! アガサ・クリスティーもだけど、コナン・ドイルも全作品読んで感想を書くのが目標! ↓私が読んでいるのはこちらの創元推理文庫の本↓ 緋色の研究 【新訳版】 シャーロック・ホ…

【青柳碧人】むかしむかしあるところに、死体がありました。

むかしむかしあるところに、死体がありました。 作者:青柳碧人 双葉社 Amazon 読んでみて 前からよく見かけていたので気になって読んでみました〜! 感想としては… 思ったよりも残虐!!! みんな結構ひどいな。特に最後の鬼が辛すぎる…。 一寸法師、花咲か…

【モントクレア】ロンドン謎解き結婚相談所

疲れたりしていて最近全然記事を書けてなかったのですが、久々に投稿できてよかった! こちらは書店で見かけて表紙に惹かれて読んでみました〜! ミステリーで女性が主人公で最近の作品なら絶対好み!と思って読んだら、やっぱりおもしろかった。 ロンドン謎…

【オスマン】木曜殺人クラブ

人気になっていたので読んでみました〜! リチャード・オスマンという方はイギリスで司会とか色々やっている超有名な方らしい。 著作は初!なのにめちゃくちゃおもしろい。イギリス人はみんなミステリーを読むのだろうか。 木曜殺人クラブ (ハヤカワ・ミステ…

【アガサ・クリスティー】書斎の死体

木曜殺人クラブを読んで、帯にマープルたちって書いてあったのでマープルを読んでみたくなって読みました〜! 火曜クラブは持ってなかったので買おうかな。でも今出ているのじゃなくて旧版が好きなんだよね…。 書斎の死体 (クリスティー文庫) 作者:アガサ・…

【宮部みゆき】この世の春

宮部みゆき先生の本を久方ぶりに読みました〜!!! 本当に安定してていい。すごく好き。 この世の春(上) (新潮文庫) 作者:みゆき, 宮部 新潮社 Amazon この世の春(中) (新潮文庫) 作者:みゆき, 宮部 新潮社 Amazon この世の春(下) (新潮文庫) 作者:みゆき, …

【バークビイ】ベイカー街の女たちと幽霊少年団

ベイカー街の続編、ミセス・ハドスンとメアリー・ワトスンの事件簿2を読んだよ〜! とってもよかった! ベイカー街の女たちと幽霊少年団 ミセス・ハドスンとメアリー・ワトスンの事件簿2 (角川文庫) 作者:ミシェル・バークビイ KADOKAWA Amazon 残念ながら…

【バークビイ】ベイカー街の女たち

いやー、よかった! 中身を知らずに読み始めて、最初はシャーロックたちが女性になっていたりするのかと思ったら、そういうわけでなく、ハドスンさんとメアリー・ワトスンの物語でした! なのでシャーロックもワトスン医師も出てきます! でも今回は脇役だけ…

【阿津川辰海】紅蓮館の殺人

気になっていたミステリーを読んでみました! 紅蓮館の殺人 (講談社タイガ) 作者:阿津川辰海 講談社 Amazon あらすじ 高校2年生の葛城と田所は、勉強合宿を抜け出して大好きな作家・財田雄山の屋敷を見に行くこととする。その道中で、落雷による山火事が発生…

【澤村御影】准教授・高槻彰良の推察 1、2

准教授・高槻彰良の推察 民俗学かく語りき (角川文庫) 作者:澤村 御影 KADOKAWA Amazon 准教授・高槻彰良の推察2 怪異は狭間に宿る (角川文庫) 作者:澤村 御影 KADOKAWA Amazon あらすじ 民俗学を専門とする准教授・高槻彰良。そんな高槻が受け持つ「民俗学…

【赤川次郎】卒業旅行

卒業旅行〈新装版〉 (徳間文庫) 作者:赤川次郎 徳間書店 Amazon あらすじ 大学に入学した年に、仲良し4人組は卒業旅行に行くことを約束していた。ところが最後の年になった時、在学しているのは2人だけだった。大きく変わってしまった4人だが、卒業旅行に行…

【アガサ・クリスティ】青列車の秘密

青列車というお高い列車が舞台。 残念ながら現在はもうこの青列車はないみたい。 悲しい。 青列車の秘密 (クリスティー文庫) 作者:アガサ・クリスティー,青木 久惠 早川書房 Amazon 青列車の秘密 (ハヤカワ・ミステリ文庫 1-64) 作者:アガサ・クリスティー …

【アガサ・クリスティ】スタイルズ荘の怪事件

ポアロ初登場長編作品。 ポアロとヘイスティングズが一緒に出てくるよ! スタイルズ荘の怪事件 ポアロシリーズ (クリスティー文庫) 作者:アガサ・クリスティー,矢沢 聖子 早川書房 Amazon あらすじ 旧友のカヴァンディッシュから誘われ、スタイルズ荘を訪れ…

【今村昌弘】魔眼の匣の殺人

あらすじ 読んでみて 魔眼の匣の殺人 [ 今村 昌弘 ] 価格:1,870円(2021/7/11 21:09時点)感想(7件) あらすじ 「あと二日で四人死ぬ」閉ざされた匣(はこ)の中で告げられた死の予言は成就するのかー?!葉村譲と剣崎比留子は再び事件に巻き込まれてー?! 読…

【アガサ・クリスティ】春にして君を離れ

春にして君を離れ (ハヤカワ文庫) [ アガサ・クリスティ ] 価格:990円(2021/7/9 21:02時点)感想(27件) あらすじ 優しい夫、よき子供に恵まれ、理想な家庭を築き上げたと満ち足りていた。が、娘の病気見舞いを終えてバグダッドからイギリスへ帰る途中で出会…

【シャーリイ・ジャクスン】ずっとお城で暮らしてる

読みたいな〜とずっと思っていた本をやっと読みました! 思っていたようなホラーではなかったし、結構頭を使わないといけない作品だった。文量的には短くてサラッと読めたけども、なんだかしばらく考えてしまった…。 ずっとお城で暮らしてる【電子書籍】[ シ…

【アガサ】カーテン

とうとう!ポアロ最後の事件であるカーテンを読みました!!よかった〜〜!思ったより悲しくなくって!10年ぐらいあたためていたのだけど、これなら早く読んでもよかったかもしれないと思いました。でも10年あたためたからそう思うのかも? ふんわりネタバレ…

【宮部みゆき】ソロモンの偽証

ソロモンの偽証(第1部) 事件 [ 宮部みゆき ] 価格:1,980円(2021/5/4 10:57時点)感想(35件) あらすじ 読んでみて あらすじ 1990年のクリスマスイブに城東第三中学校で中学2年生の柏木卓也が屋上から転落して亡くなった。警察は自殺と判断するが、匿名で殺人…

【アガサ】クリスマス・プディングの冒険「グリーンショウ氏の阿房宮」

【アガサ】クリスマス・プディングの冒険「グリーンショウ氏の阿房宮」 これは阿房宮(あぼうきゅう)と読むらしい。秦の始皇帝が建てた建物だけれど、途中で止まってしまったらしい。ちなみにこの作品も料理で言うところの選り抜きの添え物の一つになります…

【アガサ】クリスマス・プディングの冒険「夢」

【アガサ】クリスマス・プディングの冒険「夢」 クリスマス・プディングの冒険の「夢」はディナーで言うと選り抜きの添え物一つになります! クリスマス・プディングの冒険 (ハヤカワ文庫) [ アガサ・クリスティ ] 価格:990円(2020/12/30 22:41時点)感想(1…

【アガサ】クリスマス・プディングの冒険「二十四羽の黒つぐみ」

【アガサ】クリスマス・プディングの冒険「二十四羽の黒つぐみ」 クリスマス・ブディングの冒険の中の「二十四羽の黒つぐみ」。これは料理で言うところのシャーベットとのこと! クリスマス・プディングの冒険 (ハヤカワ文庫) [ アガサ・クリスティ ] 価格…