文学系心理士の自己投資ブログ

文学系心理士の感想部屋

文学系心理士が好きなことを徒然なるままに書きまくるブログ。小説、NETFLIX、たまに心理学のことも♪

児童書

すてきで偉大な女性たちが歴史をつくった

子ども向けの絵本になります〜。 ハリエット・タブマンが載っているの読んでみたよ! 知らなかった女性たちがたくさんいて、詳しく知りたくなってしまった! 他のシリーズも読みたい。 すてきで偉大な女性たちが歴史をつくった 作者:ケイト・パンクハースト …

【ミヒャエル・エンデ】はてしない物語

ちなみに文庫ではなくてあかがね色の方を買うとバスチアンと一緒に本の世界に旅立っている気分を味わえるよ! はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー) 作者:ミヒャエル・エンデ 岩波書店 Amazon あらすじ 少年バスチアンは学校の屋根裏の物置で盗んだ本…

【カニグズバーグ】ぼくとジョージ

ぼくと「ジョージ」 (岩波少年文庫) 作者:E.L. カニグズバーグ 岩波書店 Amazon あらすじ 頭がよく、ひかえめな少年ベンの中には、ジョージという少年がいた!うまくいっていた二人だったがー!? 読んでみて パッと見は怖そうですが(特に表紙!)、カニグ…

【アラン・ガーナー】ふくろう模様の皿

ふくろう模様の皿 (評論社の児童図書館・文学の部屋) 作者:アラン・ガーナー 評論社 Amazon こちらは荻原規子先生の「もうひとつの空の飛び方」という作品に紹介されていたので読んでみました〜! もうひとつの空の飛び方 『枕草子』から『ナルニア国』まで …

【本】アリーテ姫の冒険

アリーテ姫の冒険 作者:ダイアナ コールス 大月書店 Amazon あらすじ アリーテ姫はある国のお姫様。母は亡くなり、王である父は宝石ばかり見ている宝石好き。姫のことは放っておかれている。ある時、姫が「かしこい」ということが父に知られ、父は大慌て!か…

【ケストナー】エーミールと三人のふたご

三人の双子ってどういうこと?? これってなぞなぞ?? と、読む前から題名に頭を悩ませていた笑。 エーミールと三人のふたご (岩波少年文庫) 作者:エーリヒ ケストナー 岩波書店 Amazon あらすじ エーミールのお話第二弾!でも初めての人でも読めるようにあ…

【フィリパ・ピアス】トムは真夜中の庭で

子どもの頃から知っていて気になっているのに読まなかったシリーズの一つ。 多分、表紙が怖かったのだと思う(苦笑)。 読んでみてとってもいい話でした。 なんとなく結末は分かってしまうのだけれど、それでもおもしろい。 最後の最後はとにかく泣ける。 ト…

【カニグズバーグ】クローディアの秘密

クローディアの秘密 (岩波少年文庫 50) 作者:E.L.カニグズバーグ 岩波書店 Amazon あらすじ クローディアは家出をすることに決める。でも普通の家出じゃない。行き先はニューヨークのメトロポリタン美術館。そのために綿密な計画と資金が必要となり、小金持…

【ケストナー】エーミールと探偵たち

子どもの頃から知っていて気になっているのに読まなかったシリーズの一つ。 子どもの頃から家にあったらしく、さらに言うなら私のために買った本だったらしいということを今回初めて知るという。 なんで読まなかったのだろう笑。 それとも実は読んでいたのか…

【R・J・パラシオ】ワンダー

全世界300万部以上突破の大人気児童書「ワンダー」。 以前からよく見かけていたので、読みたいな〜と思ってたのですが、この度やっと読めました! 「ワンダー」と「アーモンド」はなんとなく同じようなイメージでいたのだけれど、読んでみたら結構違った! …

【ジョーン・G・ロビンソン】思い出のマーニー

思い出のマーニー 上【電子書籍】[ ジョーン・G・ロビンソン ] 価格:704円(2021/8/15 15:12時点)感想(0件) 思い出のマーニー [2DVD] [ 高月彩良 ] 価格:4,394円(2021/8/15 15:12時点)感想(20件) ジブリで映画化されている「思い出のマーニー」の原作。 宮崎…

風にのってきたメアリー・ポピンズ

風にのってきたメアリー・ポピンズ (岩波少年文庫) 作者:P.L. トラヴァース 岩波書店 Amazon あらすじ 東風の吹く日にコウモリ傘につかまって飛んできたのはメアリー・ポピンズ。不思議な話を子どもたちに語ってー?! 読んでみて メアリー・ポピンズってデ…

【ペイヴァー】復讐の誓い

クロニクル千古の闇(5) 復讐の誓い [ ミシェル・ペイヴァー ] 価格:1,980円(2021/6/30 20:59時点)感想(5件) あらすじ トラクの大切な人が<魂食らい>に殺されてしまった!トラクは復讐を決意するがー?! 読んでみて 「復讐の誓い」というなかなか怖い題…

【ペイヴァー】追放されしもの

クロニクル千古の闇(4) 追放されしもの [ ミシェル・ペイヴァー ] 価格:1,980円(2021/6/25 22:17時点)感想(5件) あらすじ 読んでみて あらすじ 胸に刻まれた邪悪なしるしを見られてしまったトラクは、氏族からはずされて追われる身となってしまう。レンと…

【ペイヴァー】魂食らい

クロニクル千古の闇シリーズ第3巻! クロニクル千古の闇(3) 魂食らい [ ミシェル・ペイヴァー ] 価格:1,980円(2021/6/23 22:47時点)感想(8件) あらすじ 魂食らいにウルフを攫われたトラクは、ウルフを追って凍りつく極北の地へ足を踏み入れるがー?! 読ん…

【ペイヴァー】生霊わたり

クロニクル千古の闇(2) 生霊わたり [ ミシェル・ペイヴァー ] 価格:1,980円(2021/6/6 21:06時点)感想(4件) あらすじ 読んでみて あらすじ ワタリガラス族で疫病が流行り始めた。それは森全体を覆っていきーーー。トラクは治療方法ををしに旅に出るがーーー…

【ペイヴァー】オオカミ族の少年

クロニクル千古の闇(1) オオカミ族の少年 [ ミシェル・ペイヴァー ] 価格:1,980円(2021/6/6 20:49時点)感想(3件) あらすじ 読んでみて あらすじ 父と2人で暮らしていたトラクは、ある時凶暴なクマに襲われる。父を亡くしたトラクは子どものオオカミと一緒…

【有川浩】誰もが知ってる小さな国

【有川浩】誰もが知ってる小さな国 誰も知らない小さな国の作者違いの続編です。 絵はあの絵なのになぜ有川浩?!と驚きました。 懐かしい気持ちになりながら読んだけども自分が全然覚えていないことにびっくり!笑 だれもが知ってる小さな国 作者:有川 浩,…