文学系心理士の自己投資ブログ

文学系心理士の感想部屋

文学系心理士が好きなことを徒然なるままに書きまくるブログ。小説、NETFLIX、たまに心理学のことも♪

【赤川次郎】いもうと

有名な「ふたり」の続編が2019年に出ました!大人になった実加はどのように成長しているのか…?! いもうと [ 赤川 次郎 ] 価格:1,650円(2021/4/11 21:49時点)感想(0件) あらすじ 読んでみて あらすじ 優秀な姉・千津子が亡くなった後、なんとか立て直した一…

【読んだ本】3月に読んだ本

3月に読んだ本まとめました〜!宮部みゆきのソロモンの偽証が読めたのが大きい! 今日の別れに 今日も一日君をみていた サブリエル ソロモンの偽証 死にゆくものの祈り いもうと 黒い結婚 白い結婚 今日の別れに 今日の別れに (角川文庫) [ 赤川 次郎 ] 価…

【本】DMMブックスで購入してみた!

Lubos HouskaによるPixabayからの画像 初回70%オフ!!!という素晴らしい企画をされていたので、便乗して色々買ってみました。 今のところ、楽天、kindle、コミックシーモアを使っていたのですが、これからはDMMも加わることに! 元々電子書籍嫌いな人間だ…

【本】黒い結婚 白い結婚 白い結婚について

恋愛の短編小説。黒いバージョンが4話、白いバージョンが3話入っていて色々楽しめました。 でも黒いバージョンはわりとイライラしてしまったので、恋愛小説ってあんまり向いていないな〜と思う笑。 黒い結婚 白い結婚 (講談社文庫) [ 中島 京子 ] 価格:792…

【本】黒い結婚 白い結婚 黒い結婚について

恋愛の短編小説。黒いバージョンが4話、白いバージョンが3話入っていて色々楽しめました。 でも黒いバージョンはわりとイライラしてしまったので、恋愛小説ってあんまり向いていないな〜と思う笑。 黒い結婚 白い結婚 (講談社文庫) [ 中島 京子 ] 価格:792…

最近買った雑誌

オトナミューズ5月号 増刊号 付録のヨーゼフが欲しずぎて買いました。 前にユキちゃんも付録になっていたんですが、 その時は「ぬいぐるみなんて…いらない…よね…邪魔になるだけだよね…」と思って買わなかったんです… が!やっぱ買えば良かったな〜と後悔。 …

【乾くるみ】セカンドラブ

セカンド・ラブ【電子書籍】[ 乾 くるみ ] 価格:550円(2021/2/21 14:13時点)感想(3件) あらすじ 読んでみて あらすじ 正明はある時、会社の先輩である紀藤先輩に誘われ、紀藤先輩とその彼女、そしてその女友達である春香の4人でスキーに行くことになる。正明…

【本】2月に読みたい本

今更ですが笑。2月に読みたいと思っている本です〜! 樹上のゆりかご エチュード 春一番 第一曲 エチュード 春一番 第二曲 侍女の物語 セカンド・ラブ サブリエル 三つ編み 人形の家 樹上のゆりかご 樹上のゆりかご (角川文庫) [ 荻原 規子 ] 価格:748円(2…

【荻原規子】エチュード春一番 第一曲・第二曲

あらすじ 読んでみて 1巻目 エチュード春一番 第1曲/荻原規子【3000円以上送料無料】 価格:770円(2021/2/21 20:41時点)感想(0件) 2巻目 エチュード春一番 第2曲/荻原規子【3000円以上送料無料】 価格:770円(2021/2/21 20:41時点)感想(0件) あらすじ 大学生…

【荻原規子】樹上のゆりかご

久しぶりの荻原先生〜!読んでいると荻原先生の文体!と嬉しくなる。ちょっと大人びた子どもたちの考え方や話し方が好き。 樹上のゆりかご (角川文庫) [ 荻原 規子 ] 価格:748円(2021/2/14 14:26時点)感想(0件) あらすじ 読んでみて あらすじ 伝統校である…

【赤川次郎】ふたり

有名な作品ですが、今回初めて読んでみたよ。大切な人を亡くした人のモーニングワーク(喪の作業)の過程だなあと思いました。 ふたり/赤川次郎【1000円以上送料無料】 価格:605円(2021/2/14 13:51時点)感想(0件) あらすじ 読んでみて あらすじ 実加にはな…

【本】1月に読んだ本

2021年最初の月は14冊読みました〜。本当は18冊くらい読むのが目標なんですが…。ちょっと1月忙しかったのもあって難しかった。目標数は立てているけどじっくり読みたい本はじっくり読みたいのでしょうがない。 エンジェルエンジェルエンジェル ソナンと空人 …

【本】働く君に伝えたいお金の教養

著者の出口治明さんは有名な方みたいです。私はあんまりお金についての本とか経済系の本とか全然読まないので知らなかった。 定年近くになって会社を興したり、それが成功して今もなお働いていたり、年齢的には高齢者に入るのにすごく新しい価値観を持ってい…

【沢村凛】ソナンと空人4 朱く照る丘

朱く照る丘 ソナンと空人4 (新潮文庫) [ 沢村 凜 ] 価格:649円(2021/2/7 14:52時点)感想(0件) ソナンと空人4冊目。今回で完結です。 あらすじ 読んでみて あらすじ ソナンは祖国のトコシュヌコにて勤勉に働き、父のもとへ帰ることに。このままここで生きて…

【JRRトールキン】終わらざりし物語・上

シルマリルに続いて終わらざりしの上も読みましたー!けっこう疲れる。内容は面白いのだけども普通の小説っぽくないので…。指輪物語の方がめちゃくちゃ読みやすい。 終わらざりし物語 上 作者:J・R・R・トールキン,クリストファ・トールキン,山下なるや,John…

【アトウッド】侍女の物語

侍女の物語【電子書籍】[ マーガレット アトウッド ] 価格:1,100円(2021/2/7 14:56時点)感想(0件) もう最高でした!怖いけどもすごくいい作品! あらすじ 読んでみて はじまりは… 侍女としての役割 ディストピアな世界 いつのまにか逃げられなくなる 印象に…

【香月日輪】妖怪アパート 幽雅な日常 ③

【中古】 妖怪アパートの幽雅な日常(3) 講談社文庫/香月日輪【著】 【中古】afb 価格:200円(2021/1/11 16:24時点)感想(4件) あらすじ 読んでみて あらすじ 魔導書に選ばれて魔導士となった夕士だが、普段は至って普通の高校生。ところが通っている高校で幽…

【沢村凛】ソナンと空人 運命の逆流

あらすじ 読んでみて! 運命の逆流 ソナンと空人3 (新潮文庫) [ 沢村 凜 ] 価格:737円(2021/1/26 16:43時点)感想(0件) あらすじ 交易の使節団に加わったソナンは、故郷の国・トコシュヌコを訪ねることになる。バレないように終えることを願うソナンだった…

【沢村凛】ソナンと空人 鬼絹の姫

あらすじ 読んでみて 鬼絹の姫 ソナンと空人2 (新潮文庫) [ 沢村 凜 ] 価格:781円(2021/1/26 16:12時点)感想(0件) あらすじ 弓貴(ゆんたか)滅亡の危機を救ったソナンは、領地・輪笏を与えられる。七の姫とともに新しい領地に向かうが、そこは財政難にあ…

【本】大人向けの本の定期便を探して

いつも同じ作家さんや同じ種類の本をたくさん読む傾向があるので、今年はいろんな種類の本を幅ひろーく読みたいな〜と思っていて! な・の・で!良いのがないかな〜と本の定期便を探してみました。 ただ、大人向けの本の定期便は少ない!! 絵本とか乳幼児〜…

【上橋菜穂子】獣の奏者 外伝「秘め事」

獣の奏者 外伝の中のひとつ、「秘め事」についての感想を書いていきます。 獣の奏者 外伝 刹那 [ 上橋 菜穂子 ] 価格:1,650円(2021/1/21 22:47時点)感想(96件) あらすじ エサルのもとに王立学舎連から会合の知らせが届く。すっぽかそうと思っていた会合の議…

【上橋菜穂子】獣の奏者 探求編・完結編

あらすじ 読んでみて エリンの一生 戦争について 人生の流れ あらすじ エリンは闘蛇村を周りながら、一斉に急死した闘蛇について調べていた。それは闘蛇や王獣、この国の起源の秘密につながっていきー。国外では戦争が色濃くなっていき、エリンたちの生活に…

【本】1月に読みたい本

【本】1月に読みたい本 ストーリーセラー 終わらざりし物語 上下 侍女の物語 悪魔の手毬唄 ふたり 赤川次郎 ソナンと空人 運命の逆流 獣の奏者3〜5 妖怪アパート1〜5 カーテン ストーリーセラー ストーリー・セラー (幻冬舎文庫) 作者:有川 浩 発売日: 2015/…

2020年読んだ本まとめ

2020年は109冊読んだのですが、どんな本をどれくらい読んだのかまとめてみました◎ 冊数的に多かったのは「アルスラーン戦記」が16冊、「十二国記」が15冊、「西の善き魔女」が8冊、「なんて素敵にジャパネスク」が8冊、「指輪物語」が6冊のあたりでした。あ…

【本】2021年に読みたい本

【本】2021年に読みたい本 2021年に読みたい本と冊数の目標を掲げます! Lubos HouskaによるPixabayからの画像 あんまり冊数に縛られるのも良くないとは思うんだけども、一応掲げておくとそれに近づこうと思って読もうとするので、決めておいた方が読むと思…

【香月日輪】妖怪アパート 幽雅な日常 ②

あらすじ 一度は妖怪アパートを出た夕士だが、自分の意思で戻ってきて再スタートを切ることに。ある時、世界で本を買い込む古本屋が妖怪アパートに戻ってくる。そこにあった本に夕士は主人と認められてしまいー?! 読んでみて 急にスポコンっぽくなって少年…

【有川浩】誰もが知ってる小さな国

【有川浩】誰もが知ってる小さな国 誰も知らない小さな国の作者違いの続編です。絵はあの絵なのになぜ有川浩?!と驚きました。懐かしい気持ちになりながら読んだけども自分が全然覚えていないことにびっくり!笑 だれもが知ってる小さな国 作者:有川 浩,村…

【本】12月に読んだ本

【本】12月に読んだ本 12月はわりと頑張って読んだんですが!目標の年間120冊には届かず…。残念。 ↓12月に読みたかった作品はこちら↓ oljikotoushi.hatenablog.com たいのおかしら 誰もが知ってる小さな国 蒲生邸事件 シルマリルの物語 アルスラーン戦記10〜…

【さくらももこ】たいのおかしら

【さくらももこ】たいのおかしら さくらももこさんのエッセイ。子どもの時からアニメを観ていて、漫画もよく読んで身近な存在だったちびまる子ちゃん。エッセイを読むのは今回か初でした。 たいのおかしら (集英社文庫) [ さくらももこ ] 価格:484円(2021/…

2020年ベスト小説16選

2020年ベスト小説16選 題名通り!2020年は109冊本を読んだのですが、その中からベスト16を選びました!ベスト16ってだけで特に順位は決めてないです。どれも良い! 裔を継ぐ者 たつみや章 あらすじ ひとこと! あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続 宮部みゆ…