文学系心理士の感想部屋

文学系心理士が好きなことを徒然なるままに書きまくるブログ。小説、NETFLIX、たまに心理学のことも♪

【本】2021年に読みたい本

【本】2021年に読みたい本 2021年に読みたい本と冊数の目標を掲げます! あんまり冊数に縛られるのも良くないとは思うんだけども、一応掲げておくとそれに近づこうと思って読もうとするので、決めておいた方が読むと思って。 2020年は109冊でした! 中途半端…

【香月日輪】妖怪アパート 幽雅な日常 ②

【香月日輪】妖怪アパート 幽雅な日常 ② あらすじ 一度は妖怪アパートを出た夕士だが、自分の意思で戻ってきて再スタートを切ることに。ある時、世界で本を買い込む古本屋が妖怪アパートに戻ってくる。そこにあった本に夕士は主人と認められてしまいー?! …

【有川浩】誰もが知ってる小さな国

【有川浩】誰もが知ってる小さな国 誰も知らない小さな国の作者違いの続編です。絵はあの絵なのになぜ有川浩?!と驚きました。懐かしい気持ちになりながら読んだけども自分が全然覚えていないことにびっくり!笑 だれもが知ってる小さな国 作者:有川 浩,村…

【本】12月に読んだ本

【本】12月に読んだ本 12月はわりと頑張って読んだんですが!目標の年間120冊には届かず…。残念。 ↓12月に読みたかった作品はこちら↓ oljikotoushi.hatenablog.com たいのおかしら 誰もが知ってる小さな国 蒲生邸事件 シルマリルの物語 アルスラーン戦記10〜…

【さくらももこ】たいのおかしら

【さくらももこ】たいのおかしら さくらももこさんのエッセイ。子どもの時からアニメを観ていて、漫画もよく読んで身近な存在だったちびまる子ちゃん。エッセイを読むのは今回か初でした。 たいのおかしら (集英社文庫) [ さくらももこ ] 価格:484円(2021/…

2020年ベスト小説16選

2020年ベスト小説16選 題名通り!2020年は109冊本を読んだのですが、その中からベスト16を選びました!ベスト16ってだけで特に順位は決めてないです。どれも良い! 裔を継ぐ者 たつみや章 あらすじ ひとこと! あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続 宮部みゆ…

【香月日輪】妖怪アパート 幽雅な日常

【香月日輪】妖怪アパート 幽雅な日常 妖怪アパートシリーズの第一弾!10巻プラス外伝あり。さらりと読める作品。 【中古】 妖怪アパートの幽雅な日常 1 / 香月 日輪 / 講談社 [文庫]【メール便送料無料】【あす楽対応】 価格:235円(2021/1/4 19:43時点)感想…

【アガサ】クリスマス・プディングの冒険「グリーンショウ氏の阿房宮」

【アガサ】クリスマス・プディングの冒険「グリーンショウ氏の阿房宮」 これは阿房宮(あぼうきゅう)と読むらしい。秦の始皇帝が建てた建物だけれど、途中で止まってしまったらしい。ちなみにこの作品も料理で言うところの選り抜きの添え物の一つになります…

【アガサ】クリスマス・プディングの冒険「夢」

【アガサ】クリスマス・プディングの冒険「夢」 クリスマス・プディングの冒険の「夢」はディナーで言うと選り抜きの添え物一つになります! クリスマス・プディングの冒険 (ハヤカワ文庫) [ アガサ・クリスティ ] 価格:990円(2020/12/30 22:41時点)感想(1…

【アガサ】クリスマス・プディングの冒険「二十四羽の黒つぐみ」

【アガサ】クリスマス・プディングの冒険「二十四羽の黒つぐみ」 クリスマス・ブディングの冒険の中の「二十四羽の黒つぐみ」。これは料理で言うところのシャーベットとのこと! クリスマス・プディングの冒険 (ハヤカワ文庫) [ アガサ・クリスティ ] 価格…

【アガサ】クリスマス・プディングの冒険「負け犬」

【アガサ】クリスマス・プディングの冒険「負け犬」 クリスマス・プディングの冒険の中の「負け犬」!今作はディナーで言うところの選り抜きの添え物料理の一つらしいです! クリスマス・プディングの冒険 (ハヤカワ文庫) [ アガサ・クリスティ ] 価格:990…

【アガサ】クリスマス・プディングの冒険「スペイン櫃の秘密」

【アガサ】クリスマス・プディングの冒険「スペイン櫃の秘密」 「クリスマス・プディングの冒険」のなかの「スペイン櫃の秘密」についての感想!クリスマス・プディングと並んでもう一つの料理がこの「スペイン櫃の秘密」! クリスマス・プディングの冒険 (…

【アガサ】クリスマス・プディングの冒険

oljikotoushi.hatenablog.com 【アガサ】クリスマス・プディングの冒険 アガサ・クリスティーが大好きなんですが、この度、全巻読み直そうキャンペーンをやることに決めたので、また1から読みます!でもまだ1回も読んだことのない作品もあれば何回も読んだこ…

【田中芳樹】天涯無限

【田中芳樹】天涯無限 アルスラーン戦記16巻目!最終巻なんだけども、どうやって収拾つけていくんだ?と思っていたら、全体的に強引に終わりました。でもまあ完結してよかったとしよう! 天涯無限 アルスラーン戦記16 (光文社文庫) [ 田中芳樹 ] 価格:704…

【田中芳樹】戦旗不倒

【田中芳樹】戦旗不倒 アルスラーン戦記15巻目!とうとう15巻!今回はなんとあの人が舞台から消えてしまう?!! 戦旗不倒 アルスラーン戦記15 (光文社文庫) [ 田中芳樹 ] 価格:704円(2020/12/24 22:18時点)感想(1件) あらすじ 読んでみて あらすじ ミスル…

【本】ダ・ヴィンチ1月号を読んだよ!気になる本を紹介☆

【本】ダ・ヴィンチ1月号を読んだよ!気になる本を紹介☆ ダ・ヴィンチ1月号は「BOOK OF THE YEAR 2020」ということで「小説&コミック ランキングTOP50」「文庫&エッセイ ランキングTOP20」「本読みのプロが選ぶとっておき今年の3冊」など興味深い記事がたく…

【本】2021年付録カレンダー購入まとめ!

【本】2021年付録カレンダー購入まとめ 大体来年度のカレンダーはこの時期に出ている付録で買うことが多いのだけど、今回狙っている&手に入れる予定のカレンダーを紹介するよ!そんなたくさんあっても仕方ないけども、好きなカレンダーを飾っておくと癒され…

【田中芳樹】天鳴地動

【田中芳樹】天鳴地動 とうとうアルスラーン戦記14巻目!あと2巻で完結なんて悲しいけども早く読みたい気もする。どんどん人が死んでいって悲しい。 あらすじ 読んでみて 天鳴地動 アルスラーン戦記14 架空歴史ロマン (Kappa novels) [ 田中芳樹 ] 価格:92…

【JRRトールキン】シルマリルの物語

【JRRトールキン】シルマリルの物語 最初はちょっと読みにくくてグダるけど、中つ国の成り立ちから全て辿れてすごく良い本だった。この先が指輪物語につながっていくと思うと感慨深い。 シルマリルの物語新版 [ J.R.R.トールキン ] 価格:3,850円(2020/12/…

【田中芳樹】蛇王再臨

【田中芳樹】蛇王再臨 アルスラーン戦記13巻!完結までもうちょっと!とうとう蛇王が復活?! 蛇王再臨 アルスラーン戦記13 架空歴史ロマン (Kappa novels) [ 田中芳樹 ] 価格:921円(2020/12/15 21:16時点)感想(66件) あらすじ 読んでみて あらすじ アルス…

【田中芳樹】暗黒神殿

【田中芳樹】暗黒神殿 アルスラーン戦記の第12巻目。久々の王太后陛下登場。美しいけれどアルスラーンには一片の愛情もない人。まあ実の子どもを盗られて、違う子どもの成長を見守らなきゃらないのは辛いよね。 暗黒神殿/田中芳樹【合計3000円以上で送料無…

【本】12月に読む本

【本】12月に読む本 アルスラーン戦記 蛇王再臨/田中芳樹【合計3000円以上で送料無料】 価格:704円(2020/12/13 18:29時点)感想(0件) 10巻から16巻を読む予定。今年中には全巻読む!結末が楽しみ! たいのおかしら たいのおかしら (集英社文庫) [ さくらも…

【田中芳樹】魔軍襲来

【田中芳樹】魔軍襲来 アルスラーン戦記の第11巻目!途切れ途切れに読みながらもここまできたよー!どんどん魔軍集団の存在感が強くなっていき、とうとう魔軍が?! 魔軍襲来 アルスラーン戦記 11 光文社文庫 / 田中芳樹 タナカヨシキ 【文庫】 価格:704円(2…

【田中芳樹】妖雲群行

【田中芳樹】妖雲群行 わりと久しぶりなアルスラーン戦記10巻目。特にどこの出版社とか決めていないからなのか、絵だけだと誰か判別できなかったりする笑。 妖雲群行 アルスラーン戦記 10 光文社文庫 / 田中芳樹 タナカヨシキ 【文庫】 価格:660円(2020/12/1…

【本】11月に読んだ本

【本】11月に読んだ本 11月に読みたかった作品はこちら↓ oljikotoushi.hatenablog.com 十二国記 白銀の墟 玄の月 三巻 十二国記 白銀の墟 玄の月 四巻 十二国記 魔性の子 烏に単は似合わない ソナンと空人 赤毛のアン 十二国記 白銀の墟 玄の月 三巻 十二国…

【宮部みゆき】蒲生邸事件

【宮部みゆき】蒲生邸事件 宮部みゆき作品久しぶりに読んだよ〜。大満足!ただ今年中に全作品読むのは難しそう…。 【中古】 蒲生邸事件 / 宮部 みゆき / 毎日新聞社 [単行本]【宅配便出荷】 価格:694円(2020/12/6 20:15時点)感想(0件) あらすじ 読んでみて …

【阿部智里】烏に単は似合わない

【阿部智里】烏に単は似合わない 十二国記ロスのために読んだ作品!最後の書評の部分で「帯にミステリーと〜」的なことが書いてあってはじめてミステリーだと気づきました。遅い!でもファンタジーでもあるんだよね?アガサ好きなので「これ〇〇じゃん!」と…

【本】目指せ!ファンタジー制覇!おすすめファンタジー小説 海外作品編

【本】目指せ!ファンタジー制覇!おすすめファンタジー小説 海外作品編 2020年はファンタジー制覇の年!だと思っていたのですが、ぶっちゃけあんまり制覇できてない。まあしょうがない。その時に気になっている作品を読むのが大事。 今回は読みたいと思って…

【本】11月に読みたい本

【本】11月に読みたい本 今さらながら11月に読みたい本を紹介します。というかもう読んだ本もあるけども! 十二国記 白銀の墟 玄の月 十二国記 魔性の子 烏に単は似合わない ソナンと空人 赤毛のアン らくらく読める 古事記・日本書紀 蒲生邸事件 クロスファ…

【中山七里】悪徳の輪舞曲

【中山七里】悪徳の輪舞曲 さよならドビュッシーは以前に読んでいて、中山さんの作品は今回で2作品目。映像化もよくされている作家さんという印象。名前からして女性なのかと思っていたら男性!「しちり」さんと読むらしい。さよならドビュッシーの時はあん…