文学系OLの自己投資ブログ

文学系OLが好きなことを徒然なるままに書きまくるブログ。おすすめなNetflix、小説、旅行、メイクなどなど。

宮部みゆき

三島屋変調百物語ベスト6

三島屋変調百物語ベスト6 宮部みゆき全作品制覇中ですが、宮部みゆきの中でも大好きでめちゃおすすめできる三島屋変調百物語シリーズのベスト6を紹介することにするよ!三島屋変調百物語シリーズは現在(2020.9)6巻目まで刊行中! 三島屋変調百物語 おちか…

【宮部みゆき】黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続

【宮部みゆき】黒武御神火御殿 三島屋変調百物語の6巻目!おちかから若旦那の富次郎に完全に変わったのが本作。悲しいことにおちかはほとんど出てこない...。おちかは他家にお嫁に行ってしまったから早々会えないらしい。悲しすぎる。けども富次郎もちょっと…

【宮部みゆき】淋しい狩人

【宮部みゆき】淋しい狩人 久しぶりに宮部みゆきを読んだよー!!ずーっと宮部みゆき制覇したいと思いながらもう2年目…。今年で全作品制覇したいな〜。 淋しい狩人 価格:649円(2020/8/23 22:21時点)感想(0件) 淋しい狩人 (新潮文庫) 中古価格¥1から(2020/8/…

【宮部みゆき】あやかし草紙

var a8='a20070846813_3BHVED_3FU6LU_2HOM_BUB81';var rankParam='gPd6wSOFG3WfQArwGtWN.XW2n3W21MO0wP1Mw.WRfoUg8o4Xm';var bannerType='0';var bannerKind='item.fix.kind1';var frame='1';var ranking='1';var category='本・雑誌・コミック'; 【宮部みゆ…

時代小説が100倍おもしろくなる町奉行について 宮部みゆきバージョン

時代小説が100倍おもしろくなる町奉行について 宮部みゆきバージョン 宮部みゆきの中でも時代小説が好きなのですが、武士にも色々あったり、役職がいろいろあったりややこしいので、町奉行についてまとめてみました。参考にしてみてね⭐︎ 町奉行 与力 同心 岡…

【2019年】小説ベスト9作品

2019年のお気に入り9冊 2019年終わって2020年になっちゃったんですが!!!2019年に読んで特に気に入った本を9冊紹介します〜!去年は大体80冊くらい読んだのでその中から厳選してみました◎順番は読んだ順です! ①ぼんくら 宮部みゆき ②からくりからくさ 梨…

【宮部みゆき】英雄の書

【宮部みゆき】英雄の書 英雄の書読了した!!過ぎ去りし王国の城と同じくファンタジーなのか微妙な作品ではあるけど、過ぎ去りし王国の城よりはファンタジー要素は強かった!実際に異世界的なところに行くしね。ただ、現実的な部分、少年の殺人事件、無差別…

【宮部みゆき】過ぎ去りし王国の城

【宮部みゆき】過ぎ去りし王国の城 刊行当時表紙の絵が話題になった作品!黒板アートがすごいってね。これ当時高校生だったのかな?高校生が書いたとは思えないよね。登場人物の一人が美術部員の女の子だし表紙の絵とリンクする。絵上手い人はすごい!!ちな…

 【宮部みゆき】孤宿の人

【宮部みゆき】の孤宿の人(こしゅくのひと) あらすじ 読んでみて 孤宿の人(上) (新潮文庫) 作者: 宮部みゆき 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2009/11/28 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 52回 この商品を含むブログ (39件) を見る 孤宿の人(下) (…

【宮部みゆき】ばんば憑きの中の「討債鬼」

var a8='a20070846813_3BHVED_3FU6LU_2HOM_BUB81';var rankParam='gPd6wSOFG3WfQArwGtWN.XW2n3W21MO0wP1Mw.WRfoUg8o4Xm';var bannerType='0';var bannerKind='item.fix.kind1';var frame='1';var ranking='1';var category='本・雑誌・コミック'; rakuten_af…

【宮部みゆき】ばんば憑き

var a8='a20070846813_3BHVED_3FU6LU_2HOM_BUB81';var rankParam='gPd6wSOFG3WfQArwGtWN.XW2n3W21MO0wP1Mw.WRfoUg8o4Xm';var bannerType='0';var bannerKind='item.fix.kind1';var frame='1';var ranking='1';var category='本・雑誌・コミック'; 【宮部みゆ…

【宮部みゆき】人質カノン

人質カノン 街行く人にも秘密がある。悩みがある。袖すり合うも他生の縁で出逢った人たちが一時織りなす物語。 人質カノン (文春文庫) 作者: 宮部みゆき 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2001/09/04 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 23回 この商品を…

【宮部みゆき】鳩笛草 /燔祭/朽ちてゆくため

鳩笛草/燔祭/朽ちてゆくまで 火を自在に操れたら?人の心を読めたら?未来を予知できたら?自分ならどうするのか、どんな人生を歩むのか、知りたいような気がする。 鳩笛草―燔祭/朽ちてゆくまで (光文社文庫プレミアム) 作者: 宮部みゆき 出版社/メーカー: …

【宮部みゆき】桜ほうさら

桜ほうさら 「ささらほうさら。」それは「いろいろあって大変だ。」という意味の方言らしい。 じゃあ「桜ほうさら」ってなんなのか? 物語を最後まで読めばわかるはず。 桜ほうさら 作者: 宮部みゆき 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2013/02/27 メディ…

美しさとは???宮部みゆきからみてみる

【宮部みゆき】女性の美しさを描く 「美しさ」ってなんだろう。女性にとって永遠のテーマだと思う。もちろん男性にも。 宮部みゆきの小説には、意外にも「美醜」をテーマにした作品がけっこうある。 ミステリーというジャンルを書いている作品の題材として「…