文学系心理士の自己投資ブログ

文学系心理士が好きなことを徒然なるままに書きまくるブログ。小説、NETFLIX、たまに真理のことも?!

【Netflix】殺人犯を捕まえる!警察モノ4選

Netflix殺人犯捕まえる警察モノ4

1話完結事件解決していって、全体のストーリー少しずつ進むドラマが好きなんだよね。1話完結だから話がまとまっているし、急激にストーリーが展開しないから安心して観ていられる。何より事件モノが好き!!

主人公が警察の場合と弁護士の場合とに分けられることが多くて、どっちも好きだけれど今回は警察モノを紹介していくよ👍

ちなみに弁護士モノはこちら↓ 

oljikotoushi.hatenablog.com

 

ルシファー:純粋天使とクールな刑事の恋の行方は?

ルシファー

冒頭5分が観える!!

こちらが予告

あらすじ

堕天使であり悪魔ルシファーは、統治していた地獄からニューヨークにやってきた。自由に生きていたルシファーだが、ある時殺人事件に巻き込まれる。相手の『本当の望み』を引き出せる力を持つルシファーは、その力を活用しながら警察に協力することになるが、不思議なことに刑事のクロエがいるときは不死身ではなくなり?!

ここがおススメ👍

あの有名な堕天使であるルシファー主人公な本作。ニューヨークで豪遊して現世を楽しんでいたルシファー刑事のクロエと出会い、顧問相談員として事件を解決していく。なんといっても主人公であるルシファーの性格が愛らしい!堕天使で悪魔という肩書きを持ちながらも純粋自由正義感溢れている自分の気持ちに疎いルシファーは、精神科医のリンダからセラピーを受けることで自分の気持ちに気付いていく。まあ大体ちょっとズレるけどね。

ルシファーは不死身だし、相手の望みを聞けるし、相手を意のままに操ることもできるし、本当の姿を見せれば相手は錯乱しちゃうしでかなりのチート能力を持っている。このままじゃ無敵だしなんでもできるじゃん?と思うが、クロエがいるとそのチート能力がいろんな理由から使えなくてただの人間みたいになってしまう。だから銃に当たったら死ぬからかなり危険。クロエはそんな状態であることはつゆ知らずただ『自分がルシファーだと思っている設定』だと思って接している。まあ変人だと思っているってことです(笑)。

事件を解決していくだけではなく、天使であるアメナディエルがルシファーを地獄に連れ戻そうとやってきたり、ルシファーの魔物であるメイヴと喧嘩したり、天使であるもやってくる。挙げ句の果てにはルシファーの母親も?!次から次へとトラブルが起きる中でクロエルシファー関係変わっていくのが面白い

 

 

メンタリスト:スマイルマークの連続殺人犯を追うメンタリスト☺︎

メンタリスト☺︎

ここがおススメ👍

Netflix 作品の中では1番大好き作品。この作品があるからNetflix好きになったし今も観ていると言っても良いなんでこんなに虜にするんだろう?

とにかく主人公であるジェーンが良い。自称『霊能者』のジェーンは、相手の心を読んで自在に操ることができる。正確には仕草言葉目線服装などからその人自身を分析し、その人の考えを予測している口も達者魅力的であり、気をつけていないと誰でも騙されてしまう。つまり『詐欺師』だ。随分荒稼ぎをした過去もあるジェーンが、なぜ給料もよくない警察の顧問なんてやっているのかその理由がこのドラマの大きなテーマになっている。

ジェーンは『レッド・ジョン』という『スマイルマーク☺︎』を現場に残す悪趣味な連続殺人犯を追っている。それがジェーンの目的であり、言うなれば生きている動機だ。ジェーンの身に一体何が起こったのかはなかなか明かされないが、ジェーンがレッド・ジョンを捕まえるためにどんなことでもする覚悟だということは分かる。レッド・ジョンに相当な恨みを持っており、大切な人が関わっているのだろう。一方、レッド・ジョンはそんなジェーンを嘲笑うかのように殺人を続ける。ジェーンを気に入っており、わざと挑発し、ゲームを仕掛けることもある。

1話完結の事件並行してこレッド・ジョン探しも行われていく。近づいては遠ざかるレッド・ジョン一体何者なのか何のために殺人を犯しているのか、観ているこちらもジェーンと一緒に考えながら追い詰めていく

また、1話完結の事件自体もおもしろい。ジェーンが軽口を叩きながら、余裕で犯人を捕まえていく様は気持ちいい。ジェーンはだいたい事件を聞いた時から犯人が分かるため、観ているこちらは刑事のテレサウェインたちとともに謎を解いていく。謎を解いただけでは事件は解決にならない捕まえなければ意味がない。ジェーンは法ギリギリのところ、実際ほぼアウトな方法犯人を逮捕していく。一番多いのは鎌をかけて自白させること。口が達者で堂々としているジェーンだからできることだ。

シーズン7まで公開されており、完結している。1人1人の登場人物たちが本当に魅力的で個性的であり、観ているうちに愛着を感じる。ジェーンの復讐劇、そしてその後の人生をどうやって歩んでいくのか。ジェーンの人生を少しの間だけ一緒に歩んでみよう。

Prime Videoでも視聴可!

レッド・ジョンの影

レッド・ジョンの影

 

 

iゾンビ:世界がゾンビだらけになったなら…。

iゾンビ

冒頭5分が観える!!

こちらが予告

あらすじ

リヴ明るく人気者な医学生だったが、ある事件を境になんど「ゾンビ」になってしまう!ゾンビになったリヴの主食はなんも「人間の脳」!検視官として死体から脳をもらう生活を始めたリヴだが、脳を食べると一時的に死んだ人間の人格変わってしまう!死んだ時の記憶も思い出すことができるため、「霊能力者」として刑事のクライヴ事件を解決していく!

ここがおススメ👍

主人公が「ゾンビ」という面白い設定。同じく不死身になって人間を食べるところが「サンタクラリータ・ダイエット」とも似ている。が、iゾンビの方がコメディ要素が少ないサスペンスものになっている。1話完結リヴが事件を解決していくのだが、その謎解きの仕方がおもしろい。リヴは死んだ人の「」を食べることで、被害者の記憶を断片的に見ることができるのだ。その能力を使って事件を解決していく。ただリヴがゾンビであり脳を食べて被害者の記憶をみているなんてことは言えないため、「自称霊能力者」と言い訳し活動中。また、脳を食べると被害者の人格と似てしまう、というか一時的に同じになってしまうため、リヴはリヴでも普段できないことができたり言葉遣い考え方変わってしまうのだ。そのためそんなことしたらヤバイことにならない?!という突飛な行動もしちゃったりしてハラハラさせられる

「脳」を食べることで事件を解決していくため、毎回「脳」を食べるシーンが出てくるのだが、なんとも美味しそうに調理している。すごく凝っているの!まるで「脳」が高級食材みたいに演出されているのがおもしろい。しかもリヴが美味しそーうに食べるので、こちらも食べたくなってしまうくらい!いや本当美味しそうなんだよね(笑)

事件を解決するのとは別に、リヴの周りの人間関係の変化がおもしろい。リヴがゾンビだと知っているのはごく一部で、上司で検視官であるラヴィぐらいだ。ゾンビになったことを知らない親しい人からみるとリヴは急に性格が変わってしまって、医師ではなく検査官になぜかなっている、と映っている。それに最愛の相手であり婚約者だったメイジャーともゾンビを感染させてしまう可能性から婚約破棄をしたのだが、メイジャーからしたら上手くいっていたのに一方的に婚約破棄をされて困惑を隠せない状態。そりゃそうだよね。でもゾンビになったから、なんて言えないしね…。

生きてくために脳の確保や周囲にゾンビだとバレないようにしながら事件を解決していくリヴ。ところがゾンビはリヴ以外もいるみたいで…?

現在シーズン4まで公開中だが、初期の頃は刑事モノだったのが最近は政治モノになりつつある!いや本当この変化にびっくり!まさかこんなことになるなんて!という感じ。ゾンビめちゃ出てくるのでゾンビ好きな人にもぜひぜひ観て欲しい。最初はゾンビがマイノリティだったのにいつの間にかね…!

恋愛あり、友情あり、殺人あり、駆け引きあり、アクションあり、そしてゾンビありで盛りだくさんドラマ!一度みたらクセになるはず。私の推しはリヴの親友のベイトン❤︎地方検事補で堂々としていて素敵なの!

Prime Videoはこちら↓

すべての始まり

すべての始まり

 

ちなみに『サンタクラリータ・ダイエット』についてはこちらの記事に書いてます↓

oljikotoushi.hatenablog.com

 was

グリム:本当の世界は魔物が握っていた!!

グリム

あらすじ

刑事ニック・ブルクハルトは、突然人間ではないモノ見えるようになった!なんとニックはグリム物語を書いたグリム兄弟の末裔で、魔物・ヴェッセン正体を見破る力があることを知る!ニックは否応なしに魔物との戦いに巻き込まれていくーーー

ここがおススメ👍

こちらも1話完結の刑事もの。ただの刑事ではなくグリム兄弟の末裔で魔物であるヴェッセンの正体を見破る力を持っているニックが主人公。世界のほとんどの事件は魔物が起こしているらしく、ニックは魔物の正体を見破ることで奇怪な殺人方法でも犯人を特定していく。

ニックは突然グリムの力目覚めて、今まで常識としていたことがひっくり返る。それにヴェッセン界の争いにも巻き込まれて、恋人であるジュリエットにも危害を加えられてしまう。右も左も分からない中、ヴェッセンであるが友人となったモンローを中心とした仲間たちとともに事件を解決しつつヴェッセン界とも戦っていく

敵が味方になったり味方が敵になったりと慌ただしく、ニックも『良いやつ』とは到底言えない。生き残るために仕方がないことだとしてもニックも悪くない?と思えてくることもある!(苦笑)。特にアダリンドの子どもをあんなことしたのは普通に最低!まあでもかわいそうだと思うこともあるので相殺かな。でもイライラはする!(笑)

ハラハラドキドキでアクションもあるのだけど、どこか安心してみえる作品。つまり主人公たちは死なないだろうという安心感がね(笑)

毎回色んなヴェッセンが出てくるのが面白く楽しみになる作品アイスビーバーとかみんな可愛いの!怖いヴェッセンもいれば素敵なヴェッセンもいて自分たちの知らない不思議な世界を覗いているような感覚があるちょっと不思議が好きな人にオススメ👍

グリムの末裔

グリムの末裔