文学系心理士の自己投資ブログ

文学系心理士が好きなことを徒然なるままに書きまくるブログ。小説、NETFLIX、たまに真理のことも?!

【本】ディストピア小説の金字塔!1984年とすばらしい新世界の比較!!

【本】1984年とすばらしい新世界の比較!!

ジョージ・オーウェル1984に引き続きオルダス・ハクスリーすばらしい新世界も読み終えたよ!読んでいて似ている部分と似ていない部分があったので簡単にまとめてみました!完全にネタバレなので読んでない人は見ないでね♪

ちなみにハクスリーは一時期大学の講師をやっていたことがあって、その時にオーウェルが受講していたらしい!意外なところで接点があって驚き。にしても1984年→すばらしい新世界だと思ってたら逆だった。でも読むなら1984年からすばらしい新世界の方が良いと思う。1984年は鬱小説なのでね。

f:id:oljikotoushi:20201016230915j:image

ディストピア小説って思ったより面白くてクセになったのでどんどん読んでいこうと思う!にしても「1Q84」って完全に「1984年」を一文字変えただけなのね笑!びっくり!

 ↓ちなみに1984年の詳しい感想はこちら↓ 

oljikotoushi.hatenablog.com

 

参考文献

1984年 ジョージ・オーウェル

一九八四年新訳版 (ハヤカワepi文庫) [ ジョージ・オーエル ]

価格:946円
(2020/10/16 23:20時点)
感想(28件)

すばらしい新世界 オルダス・ハクスリー

すばらしい新世界〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫) [ オルダス・ハクスリー ]

価格:880円
(2020/10/16 23:20時点)
感想(1件)

それぞれのWikipediaも参考にしました。