文学系心理士の自己投資ブログ

文学系心理士が好きなことを徒然なるままに書きまくるブログ。小説、NETFLIX、たまに真理のことも?!

女性におススメ!ただの恋愛じゃない!Netflix4作品

ただの恋愛じゃない。現代を生きる女性に送りたいNetflix4作品

 

ロマンティックじゃない?

あらすじ

ニューヨークで建築家として働いているナタリー。仕事で評価されたいと思っているが、自己肯定感が低く、周囲からも都合の良い人間として扱われる。そんな中、頭打って目覚めるとそこはブコメの世界に。そこでナタリーは主人公になっていて...?!

ここがおすすめ👍

こういう映画が観たかった!!と切実に思った作品。コメディだけれどコメディという枠を超えて、女性にエンパワメントを与えてくれる!今まで不美人という扱いを受けてきたのに、急に美人として扱われる部分が、宮部みゆき作の幻色江戸ごよみの「器量よし」と設定は似ているかな。美人として扱われるのは嬉しいけれど、本当に大事なことはそこじゃない。自分で自分を認めること。容姿は変わってなくても映画の最後のナタリーは、最初のナタリーとは別人になっている。人生が少し輝いてみえて、勇気をもらえる作品。

 

おとぎ話を忘れたくて

あらすじ

ヴァイオレットは仕事も恋愛も髪型も全て完璧な女性。本当はくせ毛だけれど、それをストレートにして、服装もいつも完璧な状態に。ところがある時美容院のミスでとんでもない髪型にされて?!

ここがおすすめ👍

この作品を読んで、黒人女性にとってストレートの髪がどういう意味を持つのかが伝わってきた。そして画一的な美を押し付けられているということも。ありのままの自分じゃなくて、周囲の美人の価値観に合わせているヴァイオレット。彼女はずっと他者からの評価を重視して生きてきて、それが当然だと思っていた。そこにあてはまらない女性は怠けていて、自分が完璧であることに誇りを持っていた。でもある時些細なことで完璧を保てなくなって自分自身を見つめ直すこととなる。彼女も「ロマンティックじゃない?」のナタリーと一緒で自己肯定感が低い。ナタリーと違うのはいつもは武装していて完璧な女性を演じていること。でもありのままの自分を愛してはいない。そんな彼女が葛藤しつつも、仕事や婚約者や髪型に対して他者評価からではなく、自分の価値観で選択していく。みんなができることではないので、ヴァイオレットは本当にすごい!

原作はこちらの小説から。日本語訳は残念ながら発売されていないようです…。

Nappily Ever After: A Novel (Nappily Series Book 1) (English Edition)

Nappily Ever After: A Novel (Nappily Series Book 1) (English Edition)

 

 

軽い男じゃないのよ

あらすじ

女をみれば口説きまくるダミアン。頭を打って目を覚ますと普段とは違う世界で?そこは男性と女性の関係が入れ替わっており、ダミアンは今まで気づかなかった差別を受けることになる。

ここがおすすめ👍

元々の世界ではダミアンは嫌な男だけれど、家事や育児に追われる女性や上から目線で性的にみてくる上司なんてよくある話でそんなに珍しくない。でも男女が入れ替わってみると、男性に対する差別がとてもひどいように思えてくる。脱毛をしていないことを責められたり、ショートパンツを履かないといけなかったり、性的にみられても身の危険があるから言い返せなかったり、賢くないと思われて下にみられたり...。女性としてあてはめるとどれも当たり前すぎて差別とさえ思わなかったことが差別だと感じられて目から鱗でした。

 

ダンプリン

あらすじ

高校生の女の子、ウィローディーン元ミスコン女王の母親を持つ。でもウィローディーン自身はちょっと太めでミスコンとは縁がないし、母親からは太っているという意味の「ダンプリン」という愛称で呼ばれている。そんな中、ソリが合わない母親への対抗心からミスコンに出ることを決意するが...?!

ここがおすすめ👍

ミスコンってアメリカでは一大産業になっているので、そこで女王になるということは一生モノ。ウィローディーンの母親はミスコン女王であることを誇りに思って今まで生きてきた。一方ウィローディーンはそんな母親とは異なる世界に生きてる自分に負い目を感じながらもミスコンをバカにしている部分もある。そんな彼女がミスコンに出て得たものとはなんだったのか?ミスコンを通して美しさではなく、本当の自分に自信を持っていく物語。

1番感動したのはウィローディーンの恋愛。ボーはずっとウィローディーンが好きなのだけれど容姿に自信がなく自己肯定感が低いウィローディーンは飛び込めない。そんなボーがウィローディーンに伝えた言葉がとても感動します。

以下引用

「君は美しい。それ以下の扱いをする奴はどうでもいい。俺の気持ちは?」

容姿で悩む全ての人に届いて欲しいです...。

原作はこちらの小説から。

恋するぷにちゃん (SUPER!YA)

恋するぷにちゃん (SUPER!YA)

 

 

最後に

どれも現代に生きる女性をエンパワメントしてくれる作品になっています。今時、素敵な男性と出会えたらハッピーエンドなわけじゃない。人生を自分らしく生きるためには自己肯定感を高めて自分に自信を持つことが大切。その後押しをしてくれる作品ばかりです。

ぜひNetflixで観てみてください。