文学系心理士の自己投資ブログ

文学系心理士の感想部屋

文学系心理士が好きなことを徒然なるままに書きまくるブログ。小説、NETFLIX、たまに心理学のことも♪

【JRRトールキン】終わらざりし物語・上

シルマリルに続いて終わらざりしの上も読みましたー!けっこう疲れる。内容は面白いのだけども普通の小説っぽくないので…。指輪物語の方がめちゃくちゃ読みやすい。

 

まずはトゥオルの話から!

トゥーリン比べるとトゥオルってめちゃ好青年だし人生もトゥーリンよりは良いイメージ。トゥーリンが可哀想すぎるだけだけどね〜。

神に呼ばれてるわりにはけっこうのんびり旅しているのがおもしろかった。フロドたちもそうだけど、みんなすごい道程を歩いていてそれだけで大変だろうね。

トゥオルとトゥーリンは従兄弟なんですが、一瞬だけすれ違うのね。でもお互い会ったことないし、写真とかもないから顔も知らないわけで、その一瞬がなんだかすごく悲しかった。

トゥーリンは家族を求めていて、もしトゥオルと出会えていたら(あの時点で出逢えていてもあんまり意味はなさそうだけど)、何か変わったりしなかったのだろうか…と思ったり。でもモルゴスのせいもあるもんね〜。

トゥオルの話は今から!ってところで終わります。イドリルと出会って、2つめの人間とエルフのカップルが完成する。その一方で、トゥオルに嫉妬したマイグリンの裏切りが起こるの。結局人間たちってエルフに不幸を持っていくことが多いな、と思う。基本的にはエルフ>人間の世界で、エルフの王子レベルの人間が出てくると輪が乱れるんだろうね。

 

トゥーリン!

そしてトゥーリンです。中つ国の中でも悲惨な人生を歩んだ人。フーリンもモルウェンも一家全員不幸だよ。シルマリルの物語の中でストーリーは知ってたので、また物語を読んでいくのが辛かった!悲しい結末しかないもん。

にしてもただ悲しいだけじゃなくってトゥーリンの性格があんまり良くないんだよね〜。幼少期はすごく良くって、怪我をした下男と友達になって贈り物をして…。なのにフーリンがいなくなり、住んでいた町が乗っ取られ、一人エルフの元へ行かなきゃいけなくなって不幸が始まる。それともフーリンが頑張らなければモルゴスに呪いをかけられることもなかったのだろうか…。

モルウェンとトゥーリンは似ていて、モルウェンは面倒くさい人なんだよね。それが随所に表れていて、もうちょっとプライドが低かったら何か変わっていたように思う。子どもや自分<プライドだからね〜。そもそもトゥーリンと一緒にドリアスに行けばニエノールと一緒に育つわけだからあんな悲しいことにはならなかったのでは〜…。あとはモルウェンがドリアスを出るときにニエノールが追ってきたのに意地はって帰らなかったり。二人とも向こうみずで付き合う周りが可哀想だよ。

あと小ドワーフミームも可哀想。普通に考えて、歩いていたらいきなり矢を射られ、息子を殺され、その後家に住まわせてあげるとか…。なのに裏切ったってなっちゃうし。さっさとトゥーリンたちは出てって違う家探せばよかったんじゃんって思ってしまう。まあトゥーリンとミームの関係は良かったのだけども。

あとブランディアを殺すのもひどい。何でもかんでも殺すのをやめなよって散々わかってきたでしょ〜と思うんだが。ブランディアはマジで被害者。ちなみにブランディアの祖父母はトゥオルとトゥーリンの祖父母の兄弟なので親戚にあたるんだけど、そういう親しみの情もお互いない感じだよね。興味深かったのはニーニエルがブランディアのことを兄と慕ってトゥーリンのことを恋人と慕うんだよね。そこで第六感は働かなかったのか〜…。

 

ヌーメノールについて

ヌーメノールも面白かった〜。エルロスから続く家系図を描きながら読んでました。めちゃ長い家系図ができたよ笑。基本的には男の長子が王を継いでいるのだけど、途中から男女関係なく長子が継ぐことになっている。

アナルディルとエレンディスの話がひたすら悲しかった〜。なんか現代でもよくありそうな内容だったよ。お互い惹かれあって障害を乗り越えて結婚したのにすれ違い生活の結果破綻するっていう。

私は女性だからかほったらかしにされていたエレンディスの気持ちが分かるので、マジでそこで謝っておけばよかったのに!とアナルディルに思います。まあでもそんなところで謝れるような人間じゃないんですよ。器が違うんでね。あんだけ王座から離れて自由気ままに生きてきたくせにプライドは一人前なんだから笑っちゃうよね。

しかもその後、アンカリメもエレンディスは取られちゃって…。悲しすぎる。でもアンカリメの養育環境はあんまり良くなかったのでまあしょうがないんだけど。

やっぱり寿命が違うっていうのが一番問題だったのかもしれない。でもエレンディスがアナルディルに対して愛情がスッて冷める感じがめちゃ分かる〜。好きだった分ある日突然スッと冷めるよね。

アナルディルも我儘っぷりがひどかったけど、なんだかんだ港を作ったりして良い仕事はしてるんだよね。その子どものアンカリメの自由さもまあまあすごいと思う。わがまま女王様!って感じ。ハルラカールとの出会いは素敵だったのに全くうまくいかないしね笑。

あとは最後の方でミーリエルが継ぐはずだった王座をファラゾーン取られちゃうのが悲しすぎた〜。そのために結婚もしなきゃいけなくって…。二重に辛い!!そこからはインジルベース側の家の子孫がゴンドールの王になっていく、と。その辺り楽しみだな〜。