文学系心理士の自己投資ブログ

文学系心理士の感想部屋

文学系心理士が好きなことを徒然なるままに書きまくるブログ。小説、NETFLIX、たまに心理学のことも♪

【本】本の履歴書 高校生編

絵本編、小学生編、中学生編はこちら!

oljikotoushi.hatenablog.com

oljikotoushi.hatenablog.com

oljikotoushi.hatenablog.com

 

今回は高校生編!


ぶっちゃけ言うと、高校生以降はあまり本を読んでいない。

なぜなら、「このまま本ばっかり読んでちゃダメだ!」と猛烈に思ったので意図的に本を読まなくなったんですよね〜!

今思うと自分でもなぜって感じなのですが…。

世間一般的に言うと「このままゲームばっかりしてたらダメだ!」みたいな感じ。

共感してくれる人いるのだろうか??

 

中学生まではほぼ毎日本を読んでいて、1日1冊読むこともあれば、1日1冊以上読むこともあった。野を駆け回るような子どもじゃなかったので、アニメを観るか本を読むことが多かったように思う。本は自分が読みたいときに自由に読めて楽しませてくれるのですごくいい娯楽だと思っていた。


ひたすら本ばかり読んでいて、本以外のことをあんまりやっていなかった、と思っていた。

今思うと他にも勉強だったり部活だったり行事だったり色々頑張っていたのだけれど、自分ではあんまりそうは思っていなかった


高校生になって、ちょっと背伸びして入った進学校ということもあり「このままじゃダメだ!本にあてる時間を勉強や部活の予習復習にしなきゃ!」と思ったのでした。アホだしもったいない…。

極端だとは思うけど、ほっとくと永遠に本を読んでしまう人間だったので、ある意味正しかったのかもしれない。過集中するのが得意だけど、満遍なくこなすのが苦手なのだよね〜。自分の能力でなんとなくやってもOKなレベルならよかったのだけれど…。

前に読んだ漫画で、ちょっと下の高校に入ってトップの成績をキープしていい大学に推薦合格っていう子がいて、そんな方法があるのかとびっくり!実際にそれでうまくいくかは分からないけれど、程よく手を抜けるのって羨ましい〜と思ったのでした。まあ入った高校でいい出会いがあったので後悔はしてないのですが…。ちょっと下の高校で勉強しなかったらそれこそ悲惨なことになっていたと思うし…。

ただ!本の時間がなくなったからといって、対して好きじゃないことに熱中できるわけではなかったというね…。だから結果としてはただ好きなことをやめただけという。

しかもそのせいで本を読むことに罪悪感を強く感じてしまうようになったため、大学、大学院が終わり、心理士試験に合格してからやっっっと好きなだけ本を読むことを自分に許したのでした。子どもの頃に本ばっかり読んでいると怒られることもあったので、元々微妙に罪悪感は持ってたんだよね。

今でも本ばっかり読んでいると「こんなに本読んでいい??」って心配になったりする


そんな前提がありつつの高校生編です!

 

アガサ・クリスティーのミステリー作品ほぼ全般

「えっ、あんまり本読んでなかったんじゃないの!?」って思われたかもしれない。ひたすら本を読むのをやめただけなので、別に本を読むのをやめたわけじゃないのという。高校生の時にアガサ・クリスティーにハマってそれからずっと読んでいた。ほぼ全部読んで、さらに同じ作品を何度も読んだりしていたのでした。

 

シャーロック・ホームズシリーズ

アガサ・クリスティーからシャーロック・ホームズを読むことに。

概ね読んだと思うけど、記憶が定かではない…。アガサ・クリスティーを基本として入ると、思っていたより冒険物っぽく感じた。

当時は↑このシリーズのシャーロックを読んでました〜!今はこっちを読んでいる!↓

 

スアド 生きながら火に焼かれて

これを読んで「名誉殺人」について初めて知った。女性差別がこの世にあるということも理解したと思う。

海外まで行ったのに執拗に家族が追っているという執念が怖すぎた。とにかく衝撃を受けた作品。

 

トリイ・ヘイデンシリーズ

こちらも衝撃的だった。虐待の実態も衝撃的だったし、子どもたちを救おうと奮闘するトリイに対しても驚いた。

人をより良くするために医療だけではなくてこういう関わり方があるのだということを知れた。トリイは特殊学級の先生からこの分野に入っているので厳密には心理士ではないのだけれど、心理士という仕事に興味を持つきっかけとなった作品。

 

デモナータ

ダレン・シャンと同じ作者の人が書いている。作者もダレン・シャンだからややこしいな笑。

ダレン・シャンもまあまあダークファンタジーだったのだけど、これはダークすぎた!本当に!

ちょっとトラウマになっているもん。残虐な場面が怖すぎたのだよね〜。

全部読めていない気がするのでまた読んでいきたいな。

 

最後に

小学生や中学生と違って高校生の頃に読んだ本の記憶があまりない…。

もっと読んだはずなのに…。なぜなのか?

いつでもどこでも読んだりはしてなかったけれど、学校の図書館で借りたり、地元の図書館で借りたり、本を持ち歩いたりはしていた思い出。

また思い出したら付け足していきます〜!