文学系心理士の自己投資ブログ

文学系心理士の感想部屋

文学系心理士が好きなことを徒然なるままに書きまくるブログ。小説、NETFLIX、たまに心理学のことも♪

【本】7月に読んだ本

なんと今月は15冊も読みました〜!

今年に入ってから一番多い!頑張った!

ただ本を毎日のように読むと疲れるのだよね〜…

程よく読めればいいのだけど、仕事から帰ってきて数時間読むと本読む以外に何もできなくなってしまう。でも他にもやらなきゃいけないことはあるし。

子どもの頃は本だけ読んでればよかったから楽だったな。

ただ、オバマ元大統領は任期の終わり頃ではあるけれど、大統領の時に読書の時間を1時間作ってたらしく。大統領ができるなら私なんて余裕なはずだよな、と思ったのだけども笑。きっと要領の良さと理解力の速さが桁違いなのでしょう。

 

マイ・ストーリー

マイ・ストーリー [ ミシェル・オバマ ]

価格:2,530円
(2021/7/31 22:33時点)
感想(2件)

ちょっとずつ読んでやっと読み終えました!

ミシェルの考え方がとても共感できるし、とても優秀な人なのに人間らしいところがとてもよくって勇気をもらえた作品

夫であるオバマ側からの考え方とかも知りたいのでそっちも読んでいきたい。

↓感想はこちら↓

oljikotoushi.hatenablog.com

 

不死身の特攻兵

不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか (講談社現代新書) [ 鴻上 尚史 ]

価格:968円
(2021/7/31 22:48時点)
感想(14件)

ずっと読みたいと思っていて、本当に読めてよかった作品でした。

もっとずっと有名な方なのかと思っていたら、むしろ埋もれていた人ということで。

結局、戦後になっても戦争中にあった空気は残っていたのだな、と。

とにかく飛行士としての技術がすごくて、精神的にもとても強いと思う。

戦争という非常事態の中でも「生きる」ということを諦めなかったのはとてもすごいことだと思う。なかなかできない。

魂手形

魂手形 三島屋変調百物語七之続(7) [ 宮部 みゆき ]

価格:1,760円
(2021/7/31 22:49時点)
感想(3件)

大好きな三島屋変調百物語の7作目!

次巻と含めて一つの巻となっているようで、それもあってか文量は少なめ

でも久々にこの作品の世界観に触れられたのはよかった。

魔眼の匣の殺人

魔眼の匣の殺人【電子書籍】[ 今村昌弘 ]

価格:1,629円
(2021/7/31 22:49時点)
感想(0件)

屍人荘の殺人の続編。ちなみに3作品目も2021年7月に刊行されたそう。

一般的なミステリーとは違うのだけれど、それを踏まえた上で読むなら普通に面白い。

今回は特にドラマのトリックっぽかった!

↓感想はこちら↓

oljikotoushi.hatenablog.com

 

ヤンのいた島

ヤンのいた島 (角川文庫) [ 沢村 凛 ]

価格:733円
(2021/7/31 22:50時点)
感想(0件)

沢村凛先生の作品。

なかなかに考えさせられる作品でした。

沢村先生の作品はいつも考えさせられるんだよね〜。すぐに答えが見つからないことが題材にされ得ているから。

ラストが切ないけど好き!

ワンダー

ワンダー [ R・J・パラシオ ]

価格:1,650円
(2021/7/31 22:50時点)
感想(12件)

ずっと読みたいと思っていた作品。

児童書なので読みやすかったけれど、結構泣けました…

視点が変わっていくのがよかった。

ちなみにジュリア・ロバーツが母親役映画化もされています。

娼年

娼年 (集英社文庫) [ 石田衣良 ]

価格:594円
(2021/7/31 22:50時点)
感想(50件)

こちらも人気なので読みたかった作品。

思ったよりも性的な内容が多い。

面白かったけれどそこまで好みではなかった…。

↓感想はこちら↓

oljikotoushi.hatenablog.com

 

ニッケルボーイズ

ニッケル・ボーイズ [ コルソン・ホワイトヘッド ]

価格:2,200円
(2021/7/31 22:51時点)
感想(0件)

ホワイトヘッドさんの作品。

地下鉄道に引き続き2度目のピュリツァー賞を今作で受賞した。2回受賞したのは今まで4人目とのこと!

本当にすごい人だと思う!

地下鉄道とニッケルボーイズは雰囲気はまた違うのだけれど、どちらも素晴らしいので読んで欲しい。悲しいけども。

 ↓感想はこちら↓

oljikotoushi.hatenablog.com

 

あふれでたのはやさしさだった

あふれでたのは やさしさだった 奈良少年刑務所 絵本と詩の教室 [ 寮 美千子 ]

価格:1,100円
(2021/7/31 22:52時点)
感想(6件)

奈良少年刑務所で実際に行った詩と絵本の授業。それを受けた少年たちの変化を描いている。

詩を全く知らなかった子でもこんな心に響く詩を書けるのか!と驚いた。

本当に自分の心の内を描けば相手に伝わるのだと感じる。

↓こちらも読んでみたい↓

空が青いから白をえらんだのです 奈良少年刑務所詩集 (新潮文庫 新潮文庫) [ 寮 美千子 ]

価格:605円
(2021/7/31 22:52時点)
感想(18件)

↓感想はこちら↓

oljikotoushi.hatenablog.com

 

ぼくのメジャースプーン

ぼくのメジャースプーン (講談社文庫) [ 辻村 深月 ]

価格:847円
(2021/7/31 22:53時点)
感想(14件)

結構色々なところで見ていたので読んでみました〜!

能力の設定や物語も面白いのだけれど、どちらかというと学生時代の方が心に響いたと思う

↓感想はこちら↓

oljikotoushi.hatenablog.com

 

ハリエット・ダブマン モーゼと呼ばれた黒人女性

ハリエット・タブマン 「モーゼ」と呼ばれた黒人女性 [ 上杉 忍 ]

価格:3,520円
(2021/7/31 22:53時点)
感想(0件)

地下鉄道を読んでからとてつもなく気になっていたので読んだ作品。

こちらは小説ではなく、ハリエットの人生当時のアメリカの状況について書かれているのだけれど、とても分かりやすくて読みやすい

ダブマンはとてつもなくすごい女性なんですよ。この豪胆さはどうやったら身につけられるのだろうね。

もっと当時の状況について知りたくなってしまった…。巻末に載っている参考文献が気になる…。

幅広く読もうと思っているのにどちらかという深く知りたくなってしまうのだよね〜〜〜

パワー

パワー [ ナオミ・オルダーマン ]

価格:2,035円
(2021/7/31 22:53時点)
感想(1件)

いやー、もう本当に最高だった

もっと陰湿な話かと思っていたら、全然そんなことなかった。

ただただ綺麗にミラーリングしている。

男性が柄の悪い女性の前を通るときに存在を消して絡まれないように願って歩いている描写が身に覚えがあり過ぎてしまった。

男性が権利を奪われる場面では、「侍女の物語」で女性が権利を奪われる場面と本当にリンクしていた。マーガレッド・アトウッドに師事しているのでね。

オバマ元大統領エマ・ワトソンおすすめしているので読んでみて欲しい。

ちなみに面白かったのは「かじられた果物」の遺物。どんな意味か分かって笑ってしまった笑。確かに宗教っぽいかもね。

烏は主を選ばない

烏は主を選ばない (文春文庫) [ 阿部 智里 ]

価格:792円
(2021/7/31 22:54時点)
感想(2件)

烏に単は似合わない」の若宮側を描いた作品。

あんまりハマらなかったので続編を読んでいなかった。

やっと読んだのだけど、1巻目を読んだのが去年なのもあって細かい部分を忘れてしまっていた。

続編はすぐに読みましょう。

ここはボツコニアン

ここはボツコニアン(1) (集英社文庫) [ 宮部みゆき ]

価格:572円
(2021/7/31 22:54時点)
感想(0件)

宮部みゆき先生の作品。

ただ、完全に面白半分?!で書かれているので、普段の作風とは全然違う笑。

著者が著者として普通に話すのでね。

ちょっとずつ読もうと思う笑。

まなの本棚

まなの本棚 [ 芦田 愛菜 ]

価格:1,540円
(2021/7/31 22:55時点)
感想(15件)

芦田愛菜ちゃんの愛読書紹介。

日本の近代文学あたりも網羅していて、私なんてその辺り全然読んでないのですごいと思う。

人が読んだ本をを知るのってすごく楽しいよね。