文学系心理士の自己投資ブログ

文学系心理士が好きなことを徒然なるままに書きまくるブログ。小説、NETFLIX、たまに真理のことも?!

#わたしのおすすめマンガ2020

アマゾネス・キス

アマゾネス・キス (1)【電子書籍】[ 意志強ナツ子 ]

価格:791円
(2020/10/22 07:58時点)
感想(0件)

独特の世界観。初めは怪しい宗教にのめり込む人たちっぽくて話半分に読んでたんだけど、どんどんこちらがのめり込んでしまった。ちょっと性的な部分もあるから大人向けではあるのかな。

 

原爆と戦った軍医の話

原爆に遭った少女の話

ヒロシマを生きた少女の話

どちらも原爆の話。当時の医者たちがどれほど壮絶な仕事をしていたか!民間の人たちもどれほど協力していたのか。医者目線の作品を今まで読むことがなかったので衝撃的だったけれどとても勉強になった。原爆は非人道的すぎる。

少女の話の方は男性がみんな戦争に行ってしまったため少女たちが路面電車の仕事をすることになる。街の復興ために路面電車がどれほど重要だったか。なのに戦後は男性が戻ってきたため仕事を辞めざるを得ず、また原爆を受けたことで差別も受けるのが悲しい。