文学系心理士の自己投資ブログ

文学系心理士が好きなことを徒然なるままに書きまくるブログ。小説、NETFLIX、たまに真理のことも?!

【NETFLIX】性をダイジェスト

NETFLIX作品ドキュメンタリー性をダイジェスト」について!

↓同じような作品にはこっちも↓

oljikotoushi.hatenablog.com

 
性をダイジェスト

この「ダイジェストシリーズって他にもあって、今オススメなのは「新型コロナウイルスをダイジェスト」かな。こっちもぜひ観てほしい。ひとまず今回は「性をダイジェスト」について!

 

5編あって

「性的ファンタジー

「恋の予感」

「避妊」

不妊

「出産」となっている。

それぞれ面白いのだけど、「避妊」「出産」あたりがけっこう強烈だった昔に生まれなくてよかった、ってしみじみ思ったよ

避妊

「避妊」も昔は動物の糞を入れたりしてたらしくて…なかなかだよね。

貧しい地域に避妊薬を渡したところ、他の同じような農村と比べて20年後に学歴や所得も高く、長生きすることが証明されて、子どもが大勢生まれることでの悪循環を示している。でもピルが普及するためには多くの失敗があってある地域の人は実験のようにまだ安全かどうかも分からないものを飲まされたのも衝撃的だった。結局、製薬会社のトップは男性女性の声が全然通らず、副作用を十分に把握できず、女性たちが声をあげないと改善されなかった血栓症のリスクは現在でも高いし、定期的に通院する必要がある。日本ではピルが主流だけどそれ以外の方法ももっと身近になって欲しい。

男性用のピルがずっと「開発中」らしく、原因は副作用。でも副作用の内容は女性と一緒。でも女性は妊娠中や妊娠直後に血栓のリスクは高くなるけど、男性はそういうのがないから薬を飲んだ方が飲まなかった時よりリスクが高くなるから薬にならないらしい。なんというか…分かるけども妊娠しない女性の場合はなら条件一緒じゃん!って思ってしまう。

あとは男性側に避妊の需要がないから男性用の避妊の方法が増えないらしくて。そりゃ実際に影響があるのは女性だからだけども。でも大事な相手のためにもうちょっと考えてもよくない?と思う。

妊娠

特に驚いたのは、出産の際に白人女性は薬をめっちゃ入れられて、逆に黒人女性は全然痛み止めを打ってもらえなかったらしい。医師のほとんどが白人だっただろうし、黒人は丈夫みたいな価値観があったらしく、あり得ない痛みに耐えないといけなかったみたいで…ホラーすぎる。洋ドラけっこう観てると、病院では黒人だからちゃんと扱ってもらえない、みたいな描写がたまにあって、今でも蔑ろにされているんだなと。黒人差別は根深い。

人間のお産は9時間だけどチンパンジーは2時間で人間のお産は他の動物と比べても大変なことが分かる。女性の3割がお産はトラウマ体験だったらしい。あとは昔から帝王切開はあったけど生存率が0だったっていうのが怖すぎた。そりゃそうだろうけどもー!女性<子どもっていう考えが顕著だよね。別に子どもの方を優先にするのが正しくないとは思わないけど、「多くの国で女性は子どもを産むのが役割」だったのだろうな。例えば王様が同じ状況なら王様>子どもになるはずじゃん?でも王様の妻なら妻<子どもになるんだろうなあって。世継ぎを産んで死ぬなら本望みたいな…。

あと日本では無痛分娩って全然メジャーじゃないけど、他の国ではそっちの方が普通で、自然分娩にする方が少数らしくて、羨ましすぎた。日本は自然分娩主流ってことで日本とアメリカの比較を紹介してて、日本は6%だけど、アメリカでは70%無痛分娩らしい。実際に出産した人たちも自然分娩にしようとしたけど無痛分娩の方が絶対良かった!って言っていてそりゃそうだよね。アメリカだと自然分娩にしようとしたけど痛すぎて無痛分娩にしたっていうのもあって、そうやって変えられるのいいなって思う。日本だと前もって決めておかないといけないらしくて…。

黒人女性の痛みが蔑ろにされていたのは人種差別だけど、日本で無痛分娩が主流にならないのも日本の女性の痛みが蔑ろにされているからなんだな、としみじみお腹を痛めて産まなきゃ!みたいなの端的に言って最悪だし、そう思う人はやればいいけどそうじゃない人にまで言わないで欲しいよね。生命の奇跡だろうがなんだろうが痛いものは痛い。こんなに技術が発展しているのに出産だけ原始的にしないで欲しい。

他にも色々知らなかった知識が知れて為になりました。女性はもちろん!男性にも観てほしい!!