文学系心理士の自己投資ブログ

文学系心理士が好きなことを徒然なるままに書きまくるブログ。小説、NETFLIX、たまに真理のことも?!

最近の本の調達方法

最近の本の調達方法


コロナがあって本の購入先や入手先が変わったのでまとめました◎

みんなはどうしてるのかも教えて欲しい!

 

本棚 おしゃれ 収納棚 大容量 カラーボックス スリム コミック シェルフ 漫画 マンガ ラック 雑誌 文庫本 木製 黒 白 ダークブラウン ホワイト ほんだな コミックラック 180cm ブックシェルフ a4 子供 キッズ 収納 ブラック ウォールナット 幅90 6段 オシャレ

価格:9,780円
(2020/7/11 21:00時点)
感想(2150件)


コロナ前→図書館5割、古本屋3割、店舗にて購入1割、自宅にあった本1割

だったのが…


今→購入7割、自宅にあった本3割

くらいになりました!


コロナのせいで外出できないとか変わったことは多かったけども読書に関してもこんなに変わってたのね〜。本の種類にもよるけれど、1日1冊ペースくらいで読むこともあるので、よく読む時は毎回買ってるとお金がなくなるんだよね…。なのでここ最近は図書館を活用して、2週間毎くらいに数冊ずつ借りていたのだけど、コロナがあって状況が変わってしまった。

作家さんを応援するなら新品を購入した方が本当は良いのだけども何分薄給なのでね…。

前までは欲しい本は古本屋で探して、なければ購入してたけど、古本屋で買うのもちょっと今のご時世だと抵抗が出てきてしまい…。

最近読んでる十二国記も買った分は読み終わりそうなのだけど、今月プラスで買い足すのは難しいなーと思っていて…。一気に読めた方が良いんだども。ちょっと考え中。

なので最近は元々自宅にあった本を読んだりしています。

家族合わせて自宅に本は数千冊あるので(実際の総数は数えたことないので分からない)、まあ全部読み終わるまではまだまだ時間あるしいいのだけど。

でも本って読みたい!と思った時に読みたいんだよね〜。その点図書館はよかった…!


何の心配もせずに図書館に行ける日が早く来るといいなあ〜。